仕事ツール

理不尽なことばかりされて辛い!どのように乗り越えてきた?

現在産業保健師として働き出して、5年目になります

産業保健師としてやりがいを感じ、楽しいと思える気持ちは産業保健師1年目の時と比べて、とても感じるようになりました

しかし、毎日が決して楽しいわけではありません

産業保健師は1人職場も多いですし、上司が他部署と兼務しており、なかなか相談できないで悩んでしまうことや、そもそも上司が産業保健に興味がない、複数職場で働いていても、企業が産業保健に興味がなく産業保健師が孤立してしまうこともあり、産業保健師の業務内容によるものか、産業保健師が関わることで劇的に状況が好転する場合もあれば、成果に直結することが難しい業務もあり、企業での産業保健師の立場は弱いと感じることも多々あります

それゆえ、他部署や従業員から理不尽な仕打ちをされる頻度も多く辛い思いもたくさんしてきまたし「企業にとって産業保健師って本当に必要?」と自分の存在意義すら分からなくなってしまうことも多々ありました

このような気持ちになっている産業保健師は、少なくないと思います

しかし、悩んでいても考えて行動していかなければ状況は何も変わりません

そのため、私はこのような理不尽な状況に陥った場合下記の3点を行ってきました

  • 産業医の力を借りて意見を伝える
  • 言った言わないにならない様に文章を必ず残す
  • 関係部署全員で話し合いをし、認識のズレを正す

具体的にどのようなことを実施してきたかについて、書いていきたいと思います

産業医の力を借りて意見を伝える

企業の中には、産業保健師の意見は聞かないけれど産業医の意見なら聞くという方も少なくありません

このような場合は、産業医の力を借りて産業医の意見として企画を立案したり、新企画を作成したりしていました

しかし、産業保健師に協力的な産業医もいれば非協力的な方もいます

その場合は、上司に協力を得られるかを確認していました

上司の中には課長からは協力が得られないが部長なら、話を聞いてくれる場合でも必ず課長→部長と話をするようにしていました

産業医も上司も話を聞いてくれない場合は、一旦保留にし別のやり方を考えるようにしていました

言った言わないにならない様に文章を必ず残す

理不尽な方は、都合の悪いことは全て産業保健師のせいにする方もいます

中には「え?そんなこと言われてない」と発言したり、言う言葉を人によって変えてきたりする方もいます

このやり口を、私は何度もされ発狂しそうになりました

しかし、発狂したところで何も変わらないですし時間だけが無駄に過ぎてしまいます

それでは意味がないので、必ず記録に残すようにしていました

記録を残すことで、理不尽なことをされても経緯を説明することができます

記録を残すのはめんどくさいとか、書いていると腹が立ってくるなど思うかも知れませんが、自分の身を守るためにも記録は残しておいた方がいいと思います

関係部署全員で話し合いをし、認識のズレを正す

産業保健師は他部署と連携して業務を行うことが多々あります

そのため、認識のズレが生じてしまうこともあり「後は産業保健師がやればいいのでは?」と業務を投げられてしまうこともあります

このような状況に陥らないためにも「何だか話がズレてきたな…」と感じた場合は、1度関係部署で集まりお互いの認識のズレを正し役割を再確認した後、再度業務に取りかかるようにしていました

なあなあにしてしまうと、後々自分が苦労したり理不尽な対応をされたりするので、確認事項は怠らないようにしていました

さいごに

あまりにも理不尽なことばかりされるような職場なら、直ぐにでも転職してもいいと思います

しかし、理不尽な対応をされることは何処の職場でも有り得ます

その時に、どのような対応をしていくかが大切だと思います

今後も産業保健師として成長していけるよう、日々努力し行動していきたいと思います