看護大学

看護大学の学費について

保健師になるためにはと別の記事で書かせてもらいましたが、では看護大学に進学するためにはどれくらい費用がかかるのか?をざっくりとした目安として参考にしていただければと思います。

看護大学の学費

看護系の大学に進学を考えている人は、4年制大学や専門大学に進学して看護師などの資格を取得することとなります。ではそれぞれの大学の学費のおおよその目安として下記となります。

4年制大学

国立大学の看護学科にかかる費用は、入学金が約28万円、授業料が年間で約54万円です。入学金および授業料は国立大学のその他学部と比較して大差はありません。

私立大学の看護学科にかかる費用は、大学によって大きく変わりますが、入学金が約30~50万円、授業料・実習費などに年間で約130~180万円かかります。

専門学校

専門学校にかかる費用は比較的に安いと言われており、国公立で約60万円(総額)、私立で約250万円(総額)となります。ただし、専門学校によって大きな差があるため、気になる専門学校については各専門学校のホームページなどで確認していただければと思います。

奨学金制度

4年制大学や専門学校で学費に差があり、また、国公立や私立にするかでも大きな差があります。安目のところもあるが、学費は結構な金額でとなるため、人によっては支払いが厳しい人もいると思います。その方は、是非奨学金制度の利用を検討してもいいかと思います。看護大学以外の大学にも共通して言えますが、学費の支払いが厳しいから大学を諦めようかな・・・などの理由で進学を断念しようと考えている人は、今一度、奨学金制度や自分自身がどうしたいか、どうなりたいか考えていただければと思います。看護師の場合であれば、仕事は忙しいとは思いますが、給料としてはそれなりにもらえる可能性もあり、奨学金の返済もしていくこと可能だと思います。

私も3兄弟の末っ子であり、上二人が大学に進学、私自身も私立看護大学に進学して、家庭環境として厳しかったため、奨学金制度を利用しました。ちなみに現在も支払い中で、40歳ぐらいまで支払いが続く予定です・・・

しかし、看護師は専門的な仕事であるため、給料は場所にもよりますが、そこそこもらえます!

また、人手が不足しているところも多く、一度仕事を離れても復帰しやすいなどあるので、女性でも長く働くことが可能だと思います。

奨学金にも様々な種類があり、学費全額免除・半額免除などもあります。受験する前に申請をしておかなければならないこともあるので、大学を受験する際は事前に詳しく調べたり、学校の先生に聞いたりしておくいいと思います!

また、労災病院と提携している看護学校などでは卒業後に最低でも3年間はそこに勤めるという条件などで学費を払わなくてもいい制度を導入しているところもありますので、将来の勤務地なども想定している人ならこういった紹介制度のある看護学校を受験すれのもいいと思います!

ただし3年間勤務せずに途中で退職・転職してしまうと一括で奨学金を返さなければならない場合もあるので注意してください。

これから、看護師や保健師を目指す学生や社会人の方の参考になれば幸いです。